カンファレンス参加時のTwitterにはiPadが超オススメ #kosen10s

この記事は#kosen10s Advent Calendar 2018 3日目の記事です。

昨日は@arayaryoma最近観た悠木碧さんが出演してるアニメを紹介する - 青紫の猫でした。 今回はあらやくんよりお誘い頂いてkosen10s Advent Calendarにお邪魔しています。ありがとうございます。

私も悠木碧さんが大好きです。私が最初に知ったのは生涯永遠の推し作品「」(@puhitaku wikipediaページあります、私が作った訳じゃないけど。。。。。。)という作品で、九鳳院紫という耳年増ロリの役を演じられていました。

それ以来沢城みゆきさんと悠木碧さんは特別な存在のように思えてなりません。

で、紅のアニメを見ろと言おうと思ったのですが残念ながら原作勢としてはウーンな内容でしたので、最近のアニメの中だと幼女戦記とかいがかでしょうか。主人公のターニャ・デグレチャフという耳年増ロリの役(あれ?)を演じられていました。

お前誰よ

私は電気通信大学に通う修士2年の人間です。 高専から編入したとかではなく普通高校から大学1年生として入学していたので高専生ではないのですが、某猫との交流でkosen10sと関わりを持ち、某ナルシストから「お前は準高専生だ!!!!」と言われた経歴を持っています。

本題

kosen10sの皆さんはkosen10s LTを始めとして様々なLT大会やカンファレンスに参加されていると思います。 場合によっては朝から懇親会まで1日中カンファレンス会場で話を聞いてる!なんて事も珍しくないでしょう。

ところで我々エンジニアにとって空気のような存在があります。そう、電源とWi-Fiですね。

最近はWi-Fiの整備されたイベントも増えてきましたが、電源については電気容量の問題を解決するのも難しく、せいぜい電源スペースがトーク会場から離れたところにあるぐらいでしょうか。

トークを聞きながら呼吸(ここではメモを取ったりTwitterをやったりすることを指します)したい我々にとって電源が無い事はまさしく死活問題です。

これを解決する最高のガジェットがiPadなんです。

なぜiPadが良いのか

もはやiPadそのものの説明をする必要はないと思いますが、簡単に説明すると、Apple社の提供するタブレットで、iPhoneが大きくなったやつです。

なぜこれがカンファレンスに向いているかと言えば、多くの電子製品の中で抜群に電池持ちが良いんです。

これはあくまで私の体験値ですが、Twitter、Slack、ブラウジングなどをバッテリーを気にせず快適にやりながらでも朝から晩まで行われたカンファレンスにおいてバッテリーは50%にも到達しませんでした。

(最近アップデートがありませんが)iPad mini4を使っていると両手でQWERTYモードにすれば非常にタイピングしやすいですし、少し大きめのiPad Proを使えばブラウジングがサクサクで捗りますね。

まとめ

カンファレンスでTwitterをするのにiPadは超オススメデバイスです。

MacBookProなんてその辺に投げ捨ててiPadを買いましょう!!

ご不要になったMacBookProの回収サービスも行っておりますので不要になった場合はご連絡ください。

明日の担当はkosen10sでそこそこ偉いらしいでなりくんです。

追伸

この記事は今滞在している沖縄のホテルで書かれ、この追伸は帰路の飛行機の中から記載しています。

この記事が投稿される頃には疲れ果てて寝ていると思うので、Adventarへの登録が遅くなっても許してちょ。

追記2

あらやくんの記事をさっき(23:25)見てオタクの血が騒いでしまい眠気が飛んでしまいましたので、予約投稿日時までギリギリだったんですが加筆しました。

間に合ってよかった!!!!!!

寿司 in 調布現状確認会 2018年11月版

人は寿司が食べたいときがある。

寿司はうまい。日本人は良い寿司を食べるべきである。

この記事は東京都調布市における寿司事情について、少しの歴史を込めて纏める物である。 筆者は調布にある電気通信大学の学生であり、金銭事情は考慮いただきたい。

鯉寿司

www.koisushi.co.jp

ごく普通の寿司屋であるが、ランチ寿司があり電通大の学生に人気である。 500円でちらし寿司が食べられるということもありそれなりにお客さんが入っているのだが、残念なことはネタの質が少し悪いところである。

私が行った限りでいつものことではないと思うが、マグロに黒い斑点が出ていたりイカが乾ききったりしていたりで、安いものの次は行かなくて良いかな……というような感想を得ていた。

稀に人に誘われて何度か行ったものの感想としてはあまり変わっていなかったが、先日ふと「ランチの寿司は前日の余りであるだろうから質が悪いのは当然で、では夜に行ったらどうなるのか?」という思いつきを得たので行ってきた。 結果としては昼ほど悪いネタはなかったものの、特に強い感想を抱くほどではない味だった。

鯉寿司以外にも美味しい寿司がないものかと探し始めたのが、この記事の始まりである。

回転寿司 たいせい

アクセスが制限されています[食べログ]

実は少し前に値段改定があったのだが、それは後述する。

当時の価格表は以下。

http://kaitensushi-taisei.com/menu/wp-content/uploads/sites/2/2013/01/7dd101d32b9f68812203e24512dbd931.pdf

よくも悪くも普通の回転寿司であるが、ネタの鮮度が良く味もかなり良い部類に入る。 やはり値段がそれなりにするものの、安定した価格で食事が出来る為嬉しいことが多かった。

が、値段の問題がありあまり行かないようになる。

ちよだ鮨

tabelog.com

20時を過ぎたあたりで半額になったパック寿司を買うのが恒例であったちよだ鮨であったが、どうやら数席程度のイートインがあったようで、入ってみた。

ちなみにツイートの寿司はランチ限定で700円程度で食べることができ、かなり満足出来る。

また、注文票があり寿司の追加注文をすることも可能である。 f:id:whywaita:20181024163024j:plain

こちらもそれほど高い価格帯ではなく良い選択肢だと考えられる。

魚べい クロスガーデン調布店

tabelog.com

とはいえ値段を気にせずに寿司を食べたい。そのような要望に応えるために、1皿100円寿司を探したところ、もっとも行きやすいところが魚べい クロスガーデン調布店であった。

クロスガーデン調布という総合施設があり、その中に入っている店舗。その為人が多く待ちが発生しがちであるが、店舗も大きいため回転率もそこそこ良い。

更に事前予約が可能なスマートフォン向けアプリもあり、これを使えば事前予約であったり当日その場で並び始めるなどの手法が可能なので、あまり待ちは発生せずに寿司が食べ始めることが可能。

ここは回転寿司ではなく注文した寿司がそのまま流れてくる方式なので、新鮮な状態の寿司を食べることが可能。

バリエーションも豊富で、もう大体魚べいに行けば良いかな……と思っていた我々に、大きなニュースが入ってきた。

たいせいの値下げ

なんと、前述した回転寿司 たいせいの値下げが発生したのである。

ネタ毎に値段が決められている体制から1皿150円均一となった。この事により美味しい寿司が常に150円で食べられるという価格破壊が行われたのである。

その噂を聞いて食べに行くと、閉店間際だったこともあって「サービスタイム」が始まり、通常2貫150円のところ4貫150円になり、1貫100円を切ることがないと言われた調布の寿司(魚べいは正確には柴崎の店舗であり調布ではない)において大きな衝撃を与えたのである。

この事から鯉寿司やちよだ鮨はあまり足が伸びないようになってしまったのであった。

まとめ

現在は魚べいとたいせい寿司の2段構えで運用を開始している。

たいせい寿司は魚べいと比較するとバリエーションが乏しく、柴崎よりは行きやすいものの少し魅力としては劣ると考えている。

今後は魚べいをメインと据えた上で、たまにたいせい寿司でサクッと寿司を食べる方針でいく予定である。

このブログをHTTPS配信するような設定変更をした

staff.hatenablog.com

はてなブログでは2018/04あたりからHTTPSに変更できるように対応していたので、今更ながら設定変更した。 恐らく皆さんはこのブログにHTTPSで通信出来ているでしょう。

続きを読む

ISUCON8 予選に出場して予選突破した

isucon.net

チーム「最大の敵は時差」で出場して、全体17位、各日上位3チームを除いた上位10チームの中に入り予選を突破した。 チームメンバーの1名がアメリカに留学中であり、更に日本のメンバーも毎朝7時出勤(学生なのに)という状況で、「全員タイムゾーンが違うじゃん!」という事でこのチーム名となった。

続きを読む

builderscon tokyo 2018 #builderscon に行ってきた

builderscon.io

1,2日目は残念ながら予定が入ってしまい3日目から参加。

受付

@sukukyonが既に会場入りしていたので、合流しながらランチを。

学生枠だったからか残念ながらアイコン入りの名札は発行されていなかったものの、やはりSNSアイコンが印刷された名札は普段インターネットに生きている人間としては中々使いやすくて良い。 OSCなんかでもSNSアイコンを首から下げるのは参加者側も出展者側からも良いという話は出ていて、公式でこれがあるの最高。

そして何よりbuidlersconで最高だったのは、XXLまでTシャツサイズが用意されていたこと!!!!!! 私はそこそこ体格がデカくこういうカンファレンスで出されるTシャツだと入らないことが多くて大体諦めるんだけど、私でも入るようなサイズを提供してくれるカンファレンスは最高。

セッション

この辺りを聞きに行きました。

特にSmartHR社のpurintaiさんの話は最高に面白くて、人間がつらく苦しんだ結果銀の弾丸を見つけ、またその銀の弾丸がいつかは錆びるであろう事を考慮している取り組みは素晴らしいと感じました。

おわりに

Yet Another YAPCであるところのこの会は登壇者との距離も近く、存在する事に価値のある会だと感じる。 また来年も行けると良いな。可能なら運営側も関わりたい。

私のツイートは以下から。 twitter.com